ふぃーるナものづくり
by feelimage2
フィールイメージ-メニュー
フィールイメージtop
実績
プレス、広報
会社概要
資料請求
お問い合せ
---------------------
デジタル易化サイト
早わかり動画サイト
office産業イラスト制作


フィールイメージ株式会社

東京事業所:
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1KSP西413F
tel:(044)328-5286

広島本社:〒739-0313
広島県安芸区瀬野西5-14-14

tel:082-573-0579
カテゴリ
全体
日記
経営
わかりやすさ研究会
技能伝承問題解決支援
LED工作
映像日記
車中泊改造
ダイエット
memo
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
TEZZの気まぐれサラダ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
MPVリアクーラーユニットクーラント配管交換DIY
易化工学プロダクションの小林です。

今日も寒い!!

昨日なんか、朝起きたら 雪が積もってた・・

そんな中、 やりました 車の修理・・

2万円を浮かすため・・

と書いたら 誰かに怒られそうだけど

別に、イヤイヤやっている訳ではないし もともと車が好きで車会社に入社した
な訳で、まぁ 「節約してる」事を売りにしたら面白いかな・・ って思って
そう言う表現してるだけなんだけれども・・

と、そんな訳で
今日も専門用語のオンパレードでブログを書く・・

でも、ちょっと 解り易く 解説もつけながら書いてみよう。。

さて、 今回 我が車「MPV 2300cc LW3W」から、緑色の液体が落ちていることに気が付いた。
位置からすると 右の後ろタイヤ付近

さて、緑色の液体から想定される物は、「クーラント」という液体だ。

クーラントとは、主な役割として、エンジンの温度を一定にしたり 室内の温度をコントロールする液体だ

もう少し詳しく解説すると
エンジンは、中で燃えているため、高い温度を発生させる。 そのまま温度が上昇時続けると
エンジン自体熱に耐えられないため、壊れてしまう。
それを 冷やすために クーラントという液体がエンジンの周りを巡回している。
更に、その暖まったクーラントを 室内のエアコンに取り込み 暖かい空気を送り込む事にも
一役買っている。 そうやって役割を果たしたクーラントは、ヒダヒダのフィンを通り
外の空気で冷やされ またエンジンを冷やす。
その繰り返しを行う。
もう一つ付け加えだけれども 冬でも凍らないようになっている
クーラントのことを「不凍液」という言い方もある。

そのクーラントが、後ろ側で落ちていたのだ・・

なんで? と思ったら

MPVはステーションワゴン型なので、リアにもエアコンユニットが装備されていて
そちらの方に エンジンで暖まったクーラントを送り込むようになっているみたい。

その配管が、10年の時を過ぎ ついに劣化してしまったという訳だ。

c0130136_10282050.jpg


とにかく、交換しなければ・・

と言うことで購入したのが下の配管
c0130136_1028476.jpg

予想以上に長い・・ 本当に自分で交換できるのか・・


さて まず①ばんとしてだが・・
色々サイトを見て調べていると クーラントって2年に一回くらい交換した方が良い・・ って書いてあるではないか・・
本当かどうかは知らないけど(多分性能も向上してるからフリーメンテに近いとは思うが・・)
そう言えば車を購入してこの方 クーラントは交換してないよな・・
この際、交換してやることにした。

クーラントは、産業廃棄物だからね・・
ダダ漏れは、絶対NGです。 環境に大きな影響を与えます。
整備工場等に持ち込み 廃棄を依頼しましょう。

さて、クーラントの抜き取り作業なんだけれども
ラジエターの下部にドレンを見つけることが出来なかったので
たまたま購入していた ドリルにつけるポンプを使うことにした

・・・・ なんが、説明が難しいので すっ飛ばす・・

とにかく 配管の中全部を水にした

c0130136_1029211.jpg

そして、問題の配管を車の底に潜って外す
c0130136_1030446.jpg

c0130136_10302521.jpg

リア、右の内張をはがす
c0130136_10304412.jpg

クーラーユニットのクーラント配管を外す
そして、配管全体を外す 外した配管がコチラ・・
c0130136_10312529.jpg


新しい配管を組み込む
c0130136_1031376.jpg

そして、配管の中の空気を抜くため
またまた 車の下に潜り込み 水道ホースを新しい配管にぶち込み
水道を流す。
反対側の配管から水が出たしたことを確認して
直ちにフロント側の配管と接合する。

その間・・・ 寝そべった上 自分の真上で作業を行うので
ビチョビチョ・・ その上 氷点下近いので
めちゃめちゃ寒かった・・


さて、今の段階だと 配管の中は、すべて水なので
この中にクーラントを入れなければならない

一端、ボンネットの中のクーラントリザーブタンクを空にして
その中にクーラントをナミナミいれる。

そしてエンジンをかけてしばらくすると 配管の中にあった空気が排出され
クーラントが減っていく。
そうそう 今回購入したクーラントは、ホルツ製で寒冷地によって希釈度が違うんだけれども
7割位まで希釈して使うクーラントを使用
だから 配管内にある水とクーラント2リットルで丁度いい具合と 勝手に分析

走行しながら ミックスさせていく。

たまにリザーブタンクを確認して
Lの位置に来た時に水をつぎ足しながら 経過を見る

まぁ 今そんな感じだ。



-余談-
ソリティアをやっていると こんな感じになった

納得できない!!
プログラムのミスかもしれないけど こんなん絶対上がられへんよ

わかる?

c0130136_10314819.jpg

 
Don't think! Feel!



??と思った方 ご質問、ご意見、感想はお気軽にコメント欄まで
人気ブログランキングでフィールイメージ小林は何位?

------------------------------------------------------------------
資料請求はコチラ↓
http://feelimage.co.jp/webmail_e2.html

フィールイメージ株式会社
tel:(082)573-0579 fax:(082)555-1632
------------------------------------------------------------------
[PR]
by feelimage2 | 2010-12-28 10:34 | 日記
<< 間寛平さんアースマラソン返却活... ブランドと金額で違うヘッドホンの音 >>