ふぃーるナものづくり
by feelimage2
フィールイメージ-メニュー
フィールイメージtop
実績
プレス、広報
会社概要
資料請求
お問い合せ
---------------------
デジタル易化サイト
早わかり動画サイト
office産業イラスト制作


フィールイメージ株式会社

東京事業所:
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1KSP西413F
tel:(044)328-5286

広島本社:〒739-0313
広島県安芸区瀬野西5-14-14

tel:082-573-0579
カテゴリ
全体
日記
経営
わかりやすさ研究会
技能伝承問題解決支援
LED工作
映像日記
車中泊改造
ダイエット
memo
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
TEZZの気まぐれサラダ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
メモ:wi-fi基地CG-WLBARGNとgalaxyS2の相性
galaxy S2 と corega製 wi-fi基地(CG-WLBARGN)の利用で
twitterなど 特定のサイトが開けない症状が出た

症状は次の通りであった
●他のandroid機器、iphoneではwi-fiで開くことが出来る
●twitterアプリ以外のアプリをインストールしても開かない
●wi-fi無線基地を変えると見えなかったサイトが見えるようになる
●3Gでは 当然つながる


最初は、galaxyS2の不具合と考えた。
しかし、他のwi-fi基地でつながるということは、基地との相性に注視
色々、設定をいじってみた結果、下記項目変更で
通常通りサイトにつながるようになった。

インターネットエクスプローラでCG-WLBARGNのIPを入れる
CG-WLBARGNの設定メニューに入る
LAN側設定⇒無線アクセスポイント⇒802.11n/g/b 設定⇒

ココで表示されている「パケット分割のしきい値」を
"2345"に変更し、設定ボタンを押す


以上で、galaxyS2でもTwitterが更新できるようになりました。
[PR]
by feelimage2 | 2011-10-14 11:04 | memo
テンパって思いついた子供の勉強法?
今日の出来事 どう 説明すればいいか・・

とにかく 今日一日で 子供の勉強で 一つヒントになったことがあったので ここに書いておこうと思う

事の始まりは、
前にも書いたが、現在クライアント社長の挨拶をプロデュース企画していて
昨日、クライアントの担当から 明日(今日) その内容を社長に説明してほしい
と連絡があった。

そのため、夜を徹して作りこみを行った。

で、できたコンテンツを社長に拝見して気に入ってもらったのだが、
専務より もう何個か コンテンツを追加してほしいと言われたのだ。

それが、社長の挨拶持ち時間5分という短い限られた時間で
今のコンテンツでもイッパイイッパイなのに
全てを表現するのは、難しいじゃないですか・・

でも それを可能にするのがプロの仕事というもんです。

こういう時は、一晩何も考えずに寝て 落ち着いて考えた方がいいアイデアが出ることは
解っているので、 クライアント先から帰ってきてからは、あえて仕事をしていない・・

というか 混乱しているので・・ 頭がつかれているのだ・・


と・・ そんな 頭がつかれている状態なのに・・・
子供たちが学校から帰ってきてから 宿題を見なければならない・・・

これが、また 娘二人とも 理解していないようで・・
間違いを連発しているのだ・・

上の娘の場合 831÷4= (小数点は習っていないので、余りで計算)
下の娘は 時計・・

で・・ 1時間余り なんでわからんのん! とホワイトボード使いながら解説するわけなんだけど・・
なんだか・・ わかっているような・・ わかっていないような・・雰囲気・・
こっちも頭疲れている上 宿題の解説しないといけないから
おのずと 言葉がきつくなる・・・


さて・・・ 宿題も終わって 飯食って
娘2人と風呂に入っている時のこと・・

長女がオイラに 「パパ 今日 頭疲れたん?」って聞いてきたので
「あぁ・・ こういう時って 大体 一晩寝たら 整理されて 良いアイデア浮かんだりするんよ・・」
と・・ いうと 「頭の中整理されるん!?」 と聞き返してくる・・

そして その時 ふと 面白いアイデアを思いつく・・・

「そうだ・・ 今日 パパ あんたらの宿題でギャァギャァ怒ったじゃん
 たぶん その場だったら 無理やりやった っていう感じじゃん 混乱してるだろうし・・
だったら 朝起きて 間違えたところを一問だけやって学校行ってみたらどうかな・・?
意外と寝てる時に要領が整理されてるかもよ・・」

と娘にいうと 「じゃぁ やってみる・・」と回答

さっそく 娘たちが寝ている間に 問題をホワイトボードに準備・・
c0130136_22371944.jpg


我ながら この手法は結構いいのじゃないかと思うのであった・・
[PR]
by feelimage2 | 2011-10-12 22:38 | 日記
川崎市マイスターが教えてくれた もう一つの技能伝承
私は、広島県と神奈川県川崎市を行ったり来たりしている。
マツダへ就職したこともあり 広島に自宅を構えるが、やはりビジネス展開となると
首都圏は外せない。 現在 営利活動のほとんど川崎で行っている。

先日、川崎市のマイスターの方数名とお話しする機会があった。

そういえば、広島にもマイスターが存在するのだが、

このマイスター制度
気になって調べてみたところ 広島では”県”が管轄して動いているようだった。
一方、川崎の場合は、川崎市が主導で運用している。

その点、疑問になったので、 川崎市役場のマイスター担当に尋ねてみた。

マイスター制度には明確な基準がなく、各 地方自治体が 独自に判断して運用しているとのこと

神奈川県では、県ではマイスター制度は無く、横浜市と川崎市のみがマイスター制度を導入している

広島では、広島県が運用している。

外れた地方にも、凄腕の職人がいっぱいいるだろうに、自治体にマイスター制度がなければ
マイスター と呼ばれることもないということになる。

更に、調べを進めると 広島県と川崎市の面白い違いが有って、
広島県では、いわゆる大企業の中で働いている匠が多く登録されている。

一方、川崎市では、大企業の方は 一人もおらず 中小から個人店舗まで その道で優れている人を
登録されていた。

マイスターの判定基準が全く違うのだ。

この判定基準の違いが、私の勧める技能伝承支援に新たな考え方を教えてくれたのだ。

私自身、技能伝承というカテゴリーで取材していくうちに 技能伝承は更に2つの系統に分類されるのではないかと思ったのだ。

何が言いたいのかというと、

一般的に マイスターというのは、旋盤やフライス盤、いわゆる加工工程において
技が優れている方々が登録の対象となると思っていた。

しかし、川崎では、思想能力、空間設計能力、改善能力、効率化能力もマイスターの対象となるのだ。

いわゆる、技ではなく 空想工学のマイスターの存在だ。
空想といっても マイスターは自身でちゃんとその空想を形にすることが出来る。

非常に 面白いと思った。

と同時に、空想工学を人に伝えていくにはどうしたらいいか という課題にも直面するわけだ。


整理しましょう。
一般の技能伝承では、技をどう伝えるか になります。
しかし、この事例(空想工学)は、考え方をどう伝えるか になります。

それを 誰でもわかるように伝える というのは、非常に難しいです。
私が得意としている。暗黙知の引き出しだけでは、後世に伝えていくマニュアル制作はできません。

重要なのは、頭の中で設計図が構築できるか、頭の中で3次元のイメージを組み立てることが出来るか
受講者の右脳(感覚的要素)に優れている という条件に適さなければなりません。

更に、基本動力(電気、空気、油)の知識と 加工知識も当然必要になります。

 「空想工学」 という技能伝承は、

その匠の知識、経験を細かく分析、抽出し、更に使用動力と加工の分析と抽出も怠らないことが
空想工学技能伝承の近道ではないかと考えているのです。


空想工学=頭の中でモノを作るシミュレーション、立体イメージが出来る技
     監督小林 健一の造語
[PR]
by feelimage2 | 2011-10-10 22:49 | 技能伝承問題解決支援
技能伝承 現場の意志を無視していませんか?
技能伝承を進めるシステムを提供するビジネスが存在します。
技能伝承の進め方を伝授する方もおられます。
どちらも 進めれば有効な技能伝承手段だと思います。

進めれば・・ の話です。

私が、マツダの現場(生産ライン)でモノを作ってきた人間として思ったのは、
会社側はコストをかけて導入を検討するのですが、現場でその仕組みが適応されることは
ほぼありませんでした。

正直な話ですが、 今こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、

こういう仕組みが入りそうになると 現場の声は
「ウザイ」「面倒くさい」「仕事をこれ以上増やさないで」
「何も知らないくせに 言いたいことだけ言って帰るな」

事実 私も思っていました。

経営層は、何とか問題を解決するために 色々導入を検討し最善を尽くすのですが
実際に核となる現場の意志が、このような感じでは、
経営層の思惑通りに事が進むわけがありません。

たとえば、例によってキコリが木を切る作業があります。
その木を切るポイントを教えれください。 と言われても
教えると、また あーだこーだ うるさい・・ 仕事が増えるかもしれない・・
と、思うと 話したくなくなります。
だから、大抵の人は、「わからない・・」で済まされてしまうのです。

私が会ってきた匠の方々も たいてい、「わからない・・」「誰でもできる・・」はお決まりです。

と、こんな現状であるのに、技を伝える事が可能なのでしょうか・・

そこで、技を引き出す方法のいくつかのポイントが存在を紹介します。
全ては上げませんが、一つは、見極め力です。

技を、ポイントを、感じる能力と言ったところでしょうか。

実際にあった話ですが、私の板金技能五輪訓練での話です。

円筒に溶接されたモノの上部を木ハンマーと板金ハンマーでフランジという部位を製作する行程でした。

金メダリストの指導員は、板金ハンマーだけで、鏡面仕上げを可能にします。

その作業を目の前で行うのですが、 実際、自分の持ち場でトライアルを行い 一発目で鏡面仕上げができたのは

訓練生20名のうち 私一人だけでした。

つまり、何が言いたいのかというと 「視点」「感受性」「盗むセンス」がなければ
暗黙知を引き出すのは、難しいということなのです。



逆に言うと、その感性を持っているおかげで 県大会優勝までの実績を納めさせていただいたのですが、

今、こうやって その感性を持ち、企業であったり、工芸品であったり さまざまな技のポイント(暗黙知
)を引き出してきました。


そこで、感じていることがあります。

技の核心をとらえなければ、どんなに良いシステムでも どんなに良い進め方でも
決して、技能伝承問題解決には、たどり着けないと。

心当たりはないでしょうか・・

もし、技能伝承、技の伝え方でお困りでしたら
暗黙知を引き出す能力を持つ 監督 小林に相談してみてはいかがでしょうか。


------------------------------------------------------------------
資料請求はコチラ↓
http://feelimage.co.jp/webmail_e2.html

フィールイメージ株式会社
tel:044-328-5286 FAX:044-328-5217
------------------------------------------------------------------
[PR]
by feelimage2 | 2011-10-10 00:22 | 技能伝承問題解決支援
技能伝承 伝え方の相違
アナログ60代の団塊世代から 20・30代のデジタル世代への技能の引き継ぎは困難とされています。 
奇しくも本来 先輩から教わらなければならない技能の橋渡しとなる40代が産業界では非常に少ないと言われています。 

60代と20・30代 伝え方の違いが有って当然です。

昔は、殴られながら「ワシのやり方を見ておけ」で通用しましたが

今の時代 そのやり方は通用しない

アナログ60代の技能 技術を引き出し、デジタルに変換
20・30代にわかるようにするのが わかりやすさ監督 小林の仕事です。

------------------------------------------------------------------
資料請求はコチラ↓
http://feelimage.co.jp/webmail_e2.html

フィールイメージ株式会社
tel:044-328-5286 FAX:044-328-5217
------------------------------------------------------------------
[PR]
by feelimage2 | 2011-10-03 14:48 | 技能伝承問題解決支援