ふぃーるナものづくり
by feelimage2
フィールイメージ-メニュー
フィールイメージtop
実績
プレス、広報
会社概要
資料請求
お問い合せ
---------------------
デジタル易化サイト
早わかり動画サイト
office産業イラスト制作


フィールイメージ株式会社

東京事業所:
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1KSP西413F
tel:(044)328-5286

広島本社:〒739-0313
広島県安芸区瀬野西5-14-14

tel:082-573-0579
カテゴリ
全体
日記
経営
わかりやすさ研究会
技能伝承問題解決支援
LED工作
映像日記
車中泊改造
ダイエット
memo
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
TEZZの気まぐれサラダ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:マニュアル ( 3 ) タグの人気記事
技能伝承 現場の意志を無視していませんか?
技能伝承を進めるシステムを提供するビジネスが存在します。
技能伝承の進め方を伝授する方もおられます。
どちらも 進めれば有効な技能伝承手段だと思います。

進めれば・・ の話です。

私が、マツダの現場(生産ライン)でモノを作ってきた人間として思ったのは、
会社側はコストをかけて導入を検討するのですが、現場でその仕組みが適応されることは
ほぼありませんでした。

正直な話ですが、 今こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、

こういう仕組みが入りそうになると 現場の声は
「ウザイ」「面倒くさい」「仕事をこれ以上増やさないで」
「何も知らないくせに 言いたいことだけ言って帰るな」

事実 私も思っていました。

経営層は、何とか問題を解決するために 色々導入を検討し最善を尽くすのですが
実際に核となる現場の意志が、このような感じでは、
経営層の思惑通りに事が進むわけがありません。

たとえば、例によってキコリが木を切る作業があります。
その木を切るポイントを教えれください。 と言われても
教えると、また あーだこーだ うるさい・・ 仕事が増えるかもしれない・・
と、思うと 話したくなくなります。
だから、大抵の人は、「わからない・・」で済まされてしまうのです。

私が会ってきた匠の方々も たいてい、「わからない・・」「誰でもできる・・」はお決まりです。

と、こんな現状であるのに、技を伝える事が可能なのでしょうか・・

そこで、技を引き出す方法のいくつかのポイントが存在を紹介します。
全ては上げませんが、一つは、見極め力です。

技を、ポイントを、感じる能力と言ったところでしょうか。

実際にあった話ですが、私の板金技能五輪訓練での話です。

円筒に溶接されたモノの上部を木ハンマーと板金ハンマーでフランジという部位を製作する行程でした。

金メダリストの指導員は、板金ハンマーだけで、鏡面仕上げを可能にします。

その作業を目の前で行うのですが、 実際、自分の持ち場でトライアルを行い 一発目で鏡面仕上げができたのは

訓練生20名のうち 私一人だけでした。

つまり、何が言いたいのかというと 「視点」「感受性」「盗むセンス」がなければ
暗黙知を引き出すのは、難しいということなのです。



逆に言うと、その感性を持っているおかげで 県大会優勝までの実績を納めさせていただいたのですが、

今、こうやって その感性を持ち、企業であったり、工芸品であったり さまざまな技のポイント(暗黙知
)を引き出してきました。


そこで、感じていることがあります。

技の核心をとらえなければ、どんなに良いシステムでも どんなに良い進め方でも
決して、技能伝承問題解決には、たどり着けないと。

心当たりはないでしょうか・・

もし、技能伝承、技の伝え方でお困りでしたら
暗黙知を引き出す能力を持つ 監督 小林に相談してみてはいかがでしょうか。


------------------------------------------------------------------
資料請求はコチラ↓
http://feelimage.co.jp/webmail_e2.html

フィールイメージ株式会社
tel:044-328-5286 FAX:044-328-5217
------------------------------------------------------------------
[PR]
by feelimage2 | 2011-10-10 00:22 | 技能伝承問題解決支援
こんな大人にはなりたくない・・
夜行バスで広島に帰ってきた。

僕の斜め後ろに ん?? と思う人・・

マクドナルドの独特のニオイを漂わせ ムシャムシャと音を立てながら
かぶりついているかと思いきや
ジュルジュルジュル・・ と もっと上品に飲めないのか・・と言うようにビールを飲む・・
そして 車内全体に聞こえるくらい大きな 下品なゲップ・・・

どんな顔をしているのだろう・・ と 消灯になる前に 顔を見た・・

こんな感じだった。
c0130136_22441618.jpg


すでにビールは500を4本空けていた



こういう大人になりたくない・・ と思った



Don't think! Feel!
[PR]
by feelimage2 | 2011-06-18 22:44 | 日記
クスリです・・・
易化工学プロダクションの小林です。

「わかりやすく伝える」セミナーの講師 やったぞい
c0130136_10274868.jpg

神奈川県異業種交流グループ「ハイテク・リバー」という組織なんだけれども
20人位いたかな・・・
でも その20人 ほとんどが売上10億を超える社長さんで・・・

まぁ それを聞かされたのが 終わりの懇親会の時だったんだんで良かったんだけど
最初に聞いていたら 緊張していたかっもしれない・・


そうそう・・ 昨日 午前中 秋葉原にいたのですが
初めて「職質」というのを受けました。

メイン道路を通っていたら パトカーが止まっていて 2人のお巡りさんが歩道に出ていました
なんだろぉ・・ と思っていたら 自分の3人前を歩いている人が止められました。
その瞬間 あ・・ 多分オイラもだ・・ と思いました。

ある共通点があるのです。

で・・ 普通に通りすごそうとすると
お巡りさんがやっぱり僕に寄ってきました・・

「すみません・・ チョット コチラに来てもらえますか・・」

あ・・ やっぱりね・・

歩道の端にに連れて行かれ
「カバンの中を見せてください」

そう オイラ 広島から夜行バスで東京に到着し そのままアキバに行ったので 大きいリュックを背負っていたのです
そして、ネット上でも 最近アキバで「職質」が多いと言うのも聞いていたので
あまりビックリはしなかったのですが・・
まぁ あのアキバの通り魔事件があったからと言うこともあるだろう

お巡りさんに
「ネットで職質が多い って書き込みがありましたよ」
と訪ねると
「そうですか? ごめんなさいね 大きい荷物を持っている人は確認させてもらっているんですよ・・」
とな

通り魔は、刃物一本で出来るので 大きい荷物というのは テロを想定しているのかな?

まぁ いいや 

で・・ リュックの中を開ける

リュックは5つの構成になっていて
衣服、生理用品、仕事道具、薬 等だが
結構 角の方まで見られた
「お仕事ですか?」と訪ねられたので
そうです。 さっき夜行バスで広島から来ました。
これ帰りの切符です。

「ココには何が入っているんですか?」

あ・・ そこには薬が入っています。。

と応えると お巡りさんが一瞬止まる・・

あの微妙な間は何だったんだろう と後で思い返したら

あ・・・ 薬(ヤク)ね・・・

それで反応するとは 完全に職業病だろう・・ と思った・・

まぁ 結果何事もなく終わった訳だが

最後に 
「ご協力ありがとうございました お仕事がんばってください」
と言う一言は 好感が持てた。

で、昼からセミナー 講師の仕事をがんばった訳・・  ん? ちがうか・・

Don't think! Feel!



??と思った方 ご質問、ご意見、感想はお気軽にコメント欄まで
人気ブログランキングでフィールイメージ小林は何位?

------------------------------------------------------------------
資料請求はコチラ↓
http://feelimage.co.jp/webmail_e2.html

フィールイメージ株式会社
tel:(082)573-0579 fax:(082)555-1632
------------------------------------------------------------------
[PR]
by feelimage2 | 2011-06-17 10:28 | わかりやすさ研究会